【今治】土地売却で古家は解体したほうがいい?解体費用についても紹介

  • TOP
  • 【今治】土地売却で古家は解体したほうがいい?解体費用についても紹介

今治での土地売却前に確認!古家は解体する?解体にかかる解体費用も解説

今治で不動産業者をお探しの方は、レッドエイトへご相談ください。土地売却で建物を残すか解体するかは、それぞれの事情や建物状況で変わります。状況によって、建物を残したほうが売却価格が良い場合もあれば、解体して更地にしたほうが売却価格が上がる場合もあります。建物を残す場合は固定資産税や都市計画税、リフォームなどの費用と維持費が発生し、解体する場合は解体費用が必要です。こちらでは、土地売却で古家を残すメリット、解体して更地にするメリットをご紹介します。解体費用の目安もお伝えしますので、今治で不動産売却・土地売却を検討している方はぜひ参考にしてください。

【今治】土地売却で古家を残すメリット・更地にするメリットと解体費用

【今治】土地売却のレッドエイトが「古家を残すメリット・更地にするメリットと解体価格」の解説

土地と一緒に建物を相続したものの、現在すでに居住している家があるという方も少なくありません。しかし、不動産は所有しているだけで固定資産税や維持費がかかります。このような不動産を手放すには売却がありますが、土地売却にあたって古家は残したほうがよいのでしょうか。古家を残した場合と更地にした場合でそれぞれよい点があるため、費用面においては一概にどちらが最適とは言い切れません。古家を残すメリット、解体費用などを踏まえたうえで最適な方法を選びましょう。

古家を残すメリット

・節税できる
居住用の建物がある土地は「住宅用地の軽減措置特例」を受けることができます。この措置によって固定資産税の評価額が以下のように下がります。
  • 敷地面積の200平米までの部分は6分の1まで
  • 1,200平米超までの部分については3分の1まで
つまり固定資産税額の課税額が下がります。
・住宅ローンを利用できる
古家を残すと、買主様が住宅ローンを利用できるという点も大きなメリットの一つです。住宅ローンは住宅購入を対象としているため、更地のみの購入よりも融資の制限が緩くなる、あるいは手続きが簡素化します。この点は買主様側にとって有利に働き、早期売却の可能性が高まります。ただし、古家は耐久性が考慮されて一般的な借入期間よりも短くなることもあります。
また、古家付きの土地を売却する際は、売却価格が相場よりも低くなる傾向にあります。購入後の修繕費などを負担するため、その分売却価格を下げます。さらに建物の老朽化の状況によってはほとんど価値がなく、価格がつかない可能性もあります。

更地にするメリット

・早期売却が期待できる
古い家を解体して更地にして売る場合、買主様は解体費用を負担せずに済むため早い売却が期待できます。更地であれば土地の形状やイメージを把握しやすく、購入した時点ですぐに着工できるのもメリットです。
・修繕費が不要
家が建てられてから何年も経っている場合、修繕費が必要になることがほとんどです。修繕を行うと買主様を探しやすくなるというメリットがあります。ただし、古家に大規模な修繕を行う場合、費用が高額になりがちです。修繕費用を上乗せするとなると売却価格も上がり、買い手が見つかりにくくなる可能性があります。そのため、解体して土地売却したほうがお得になるケースも少なくありません。

解体費用の価格相場

解体費用は建物の構造や立地条件などによって異なります。坪単価で見た価格相場は以下のとおりです。

  • 木造:3~5万円
  • 鉄骨造:3.5~5万円
  • 鉄筋コンクリート造:3.5~8万円

例えば30坪の木造家屋の場合、解体費用の平均は100万円ほどです。

その他の費用

更地には地表周辺を固める地盤改良工事が必要です。浅い部分は30万円以上、深い部分まで行う柱状改良だと50万円以上かかります。より深い部分まで改良が必要な場合は鋼管杭を打ち込む工事を行い、費用の目安は70万円以上となります。

このように、古家を残すにしても解体するにしても何かしらの費用がかかります。そのため、様々な費用や売却価格など双方の収支を計算したうえで決定することが重要です。

レッドエイトでは今治を拠点に、お客様のニーズに沿った不動産売却方法をご提案いたします。相続した古家付き土地の売却でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

【今治 レッドエイト・土地売却のすすめ】空き家の管理が難しい場合は解体してからの土地売却も視野に!

今治で不動産売却・土地売却をお考えならレッドエイトへ

相続などで古家付きの土地を所有することになったが、誰も住まないので売却するという方も多く見られます。一戸建てにかかる固定資産税の相場は年間10~12万円ほど、都市計画税は3~5万円ほどです。さらに空き家は維持費も生じます。建物の傷みが早まるため、倒壊を防ぐために修理・修繕が必要です。古家付きの土地売却では建物を残すか解体するかの選択で迷いがちですが、事情や状況によって選択肢は異なります。空き家の管理が難しい、あるいは維持するために膨大な費用がかかるのであれば、解体するほうが適しています。しかし、解体にはそれなりの費用がかかり、固定資産税の軽減措置が受けられなくなります。それぞれの利点を比較したうえで方針を定めていくことが大切です。

今治にある不動産の対処方法でお悩みの際はレッドエイトまでご相談ください。相続問題や空き地・空き家問題に関して、税理士や司法書士とのネットワークも活用しながら最適な対処方法をご提案いたします。今治で所有している不動産の売却をお考えの方、売却価格を確認したい方など、お気軽にお問い合わせください。

【今治】土地売却・解体費用・売却価格のご相談・査定はレッドエイトへ

会社名 株式会社レッドエイト
代表取締役 野本武司
住所 〒794-0081 愛媛県今治市阿方甲276番地 ヴィラポコロコ306号室
フリーダイヤル 0120-313-998
TEL 0898-34-8881
FAX 0898-34-8882
URL https://www.red8.co.jp/
ユアエイトURL https://www.red8.jp/
営業時間 13:00~23:00 ※24時間電話可能 事務所不在の事も多く駐車場のご案内もあるため、事前のご予約をお願いしております。
定休日 不定休
事業案内
  • 不動産仲介(売買・賃貸)・管理
  • リフォーム・リノベーション
  • 福祉用具貸与・販売(ユアエイト)
  • 介護住宅改修(ユアエイト)
弊社登録サイト

イクラ不動産

イエウール

to top